病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院・面会のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
医療安全管理指針
診療実績・臨床指針
学術活動
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
湯河原つうしん
湯河原病院地域協議会
個人情報保護方針

手足の痺れや腰痛でお悩みの方へ

脊柱管狭窄症や変形性脊椎症を点滴・リハビリテーション・手術によって治療します

「手がしびれる、首から手に電気のような痛みが走る」「歩き始めはよいのだが5分くらいで足に突っ張るような痛みが出てきて歩けなくなる」といった症状でお困りの方はたくさんいらっしゃると思います。またこんな症状をお持ちでも、ただ漫然とリハビリに通うばかりで、やってもらったその日は調子がよいが次の朝にはまた元に戻ってしまう、という経験をお持ちの方はいらっしゃいませんか?是非私どもの病院で脊椎脊髄病認定医の診察を受けてみませんか?治療の意外なヒントが見つかるかもしれません。 外来診療をしていると患者さんからたくさんの背骨の病気に関する質問を受けます。以下に実際に受けた質問を挙げてみます。Q&A形式でお答えしてありますから、これを読んでいただければ背骨の病気に対する理解が深まると思います。皆さんも同じ疑問を持たれたことがあるのではないでしょうか?

脊髄・脊椎の画像

腰部脊柱管狭窄症と言われました。どんな治療法があるのですか?


腰部脊柱管狭窄症とは腰骨のなかの神経を通す脊柱管という管の内径が狭くなり、中の神経が圧迫されて生じる病気です。典型的な症状をしては、「歩いて5分位するとふくらはぎの外側あたりに突っ張るようなしびれ・痛みが生じて歩けなくなる」というものです。ベンチなどに座ったり、しゃがんだりすると痛みはスーッと引いてまた歩けるようになります。しかし再び5分くらいで同じ症状が出てきて、ということを繰返します。不思議なことに自転車をこいだり、手押し車(シルバーカーといったもの)で歩けば症状は出ません。治療法はまず、神経の周囲をめぐる血液の流れをよくするお薬(オパルモンといった薬)を飲んでいただくことから始めます。私たちの施設では、その後、この病気を知っていただくという意味も兼ねて点滴・リハビリ治療を組み合わせた2週間程度の短期の入院コースを用意しています。これで症状が落ち着く方も多くいらっしゃいます。またたとえ将来的に手術になった場合でも、手術以外の治療法はすべてやったというプロセスは、患者さんにとってもわたしたち医療者にとっても大変大切な過程であると考えています。

手がしびれて、お箸などが使いにくくなってきました。どんな病気があるのすか?


一言で手がしびれるといっても、その原因は一つではありません。原因のある場所によって大きく3つの病気が考えられます。1つは手首に原因があるもので手根管症候群という病気です。これは手首の手のひら側を通る正中神経という神経が圧迫を受けて親指側の手のひら、親指、人差し指、中指の3本がしびれる病気です。2つ目は肘の部分で尺骨神経という神経が圧迫されて薬指と小指の2本がしびれる肘部管症候群という病気です。そして3つ目は首の骨(頚椎といいます)に原因がある病気です。これには椎間板ヘルニア・変形性頚椎症・後縦靭帯骨化症などの病気があります。いずれにしても専門医の診察を受け正しい診断を受けることが大切です。

首のヘルニアで手術をしなくてはいけないと言われました。本当ですか?


首のヘルニアだからといって必ず手術をしなくてはいけないということはありません。おおざっぱに言って10名の患者さんがいたとして手術になるかたは1名いるかいないかというところです。無論、手術は手足に力が入りにくくなるなどヘルニアの症状が進行すれば十分に検査をしたうえで手術に踏みきります。

arrow072_12「整形外科のご紹介」はこちらをご覧下さい。
arrow072_12「脊椎脊髄センターのご紹介」はこちらをご覧ください。
arrow072_12「初診患者様の予約診療について」はこちらをご覧ください。
PageTop